2016年5月5日

指導者ご紹介

新倉 健

指揮者 Conductor
作曲家・鳥取大学名誉教授
1951年神奈川県茅ヶ崎市生まれ。
1976年武蔵野音楽大学大学院作曲専攻修了。
作曲を、福島雄次郎・金光威和雄、指揮法を長谷川朝雄・久保田洋の各氏に師事。
主な作品にオペラ「ポラーノの広場」、オペラ「窓」、「マドリガル」、「ゴング・エカサマ・ブダヤ」などがある。また、NYタイムズで好評され米国各地で演奏された「広島が言わせる言葉」をはじめ、ドイツで出版された「ギーターンジャリ」、オランダで放送初演された「歌の祭り」など、その作品は海外でも高い評価を得ている。なお、平成26年には鳥取市民合唱団による委嘱作品である、混声合唱とピアノのための組曲「酒神礼讃〜酒の詩・古今東西〜」が同団により初演された。
平成13年度鳥取市文化賞、平成15年度鳥取大学研究功労賞、平成29年度鳥取県文化功労賞

大広 晴美

ピアニスト pianist
広島大学学校教育学部音楽専攻卒業。ピアノを木村正子、青山三郎、濱本恵康、ソルフェージュを鶴崎千晴の各氏に師事。平成9年度より、鳥取市民合唱団の伴奏を務める。  現在、鳥取市立中ノ郷中学校勤務。
大広 晴美(写真)

伊賀奈ゆり

ピアニスト pianist
経歴は現在編集中です。

成瀬 晃一

指揮者 Conductor
崇徳高校グリークラブ出身。岡山理科大学クリスタルコールにて学生指揮を務める。指揮法、合唱指導法などを独学により習得。現在、岡山や広島などでも合唱指導を行っている。
成瀬 晃一(写真)