練習日誌 30.12.27(木)ボイトレ、12.28(金)運営委員会、1年振り返り。

12/27(木)は成瀬さんのご指導で「44わのべにすずめ」の練習と、並行して隣の第2練習室では寺内先生のボイストレーニングを2人1組で15分ずつ行いました。

寺内先生のボイストレーニングでは、イメージをしてから声を出すこと、口の形だけでなく舌の位置で音色が変わることなど、短い時間ではありましたが気づかされることがたくさんありました。

12/28(金)は運営委員会でした。技術部と運営部8名が集まり、予算、選曲、来年の行事についてなど話し合いました。選曲については、以前にも何度かあったような議論の平行線が続いて、少しもやっとした気持ちで会議は終わりました。どっちも毎回同じ言い方、アプローチで議論してる限り一生分かり合えないと思いました。どっちもより良い歌を歌いたいと思ってるからこそ起こる議論だとも思うけれども。

さて、鳥取市民合唱団は12/27が歌い納めとなり今年の活動を全て終えました。

今年はおかげさまで7つの演奏機会に恵まれました。


◯2/18(土) 鳥取市文化センター合唱フェスティバルAmabile

曲目:混声合唱のための「ホームソングメドレー1」《日本編Ⅰ》より 花、荒城の月、浜辺の歌

指揮:鈴木慎一朗  ピアノ:大広晴美

指揮の鈴木先生が体調不良のため直前練習からの参加でした。


◯6/3(日)  鳥取市民音楽祭

曲目:めばえ、365日の紙飛行機

指揮:成瀬晃一

ソリストが体調不良のため本番当日に急遽ソリスト交代。N村さんが歌ってくれました。


◯6/10(日) 鳥取市民文化祭オープニングライブ

曲目:めばえ、365日の紙飛行機、花は咲く(ダンスコングさんと共演)

指揮:成瀬晃一  ピアノ:光田澄子

『花は咲く』ではダンスグループ『ダンスコング』さんと共演しました。柔らかいダンスがとっても素敵でした。


◯8/19(日) 57回鳥取県合唱フェスティバル&全日本合唱コンクール鳥取県大会 フリーの部 出場

曲目:混声合唱とピアノのための新しい歌より うたを うたう とき、鎮魂歌へのリクエスト

指揮:成瀬晃一  ピアノ:伊賀奈ゆり

フェスコンは今年もフェスティバル部門での出場でした。今年の夏は大変暑い夏でしたね。


9/16(あら環ぱにぃ芸術祭国際平和コンサート2018

曲目:混声合唱とピアノのための新しい歌より きみ歌えよ、鎮魂歌へのリクエスト 、Ave Verm Corpus(合同演奏)

指揮:新倉健  ピアノ:伊賀奈ゆり

新倉先生主催のコンサートに出演することができました。新倉先生の指揮で初めてのステージでした。


◯10/20(土) 大伴家持生誕1300年記念フェスティバルin鳥取

曲目:春の野に、祝い歌

指揮:鈴木慎一朗  ピアノ:光田澄子

私は仕事のため出られなかったので当日の写真はありませんが、練習では色々ありましたねー。鈴木先生だけが冷静でした。


◯11/10(土)イオンモール鳥取北クリスマスツリー点灯式

曲目:きよしこの夜、Joy to the World、Deck the Halls!

小編成で楽しくクリスマスソングを歌いました。打ち上げはフードコートでしました。


どこかで鳥取市民合唱団の演奏を聴いてくださった皆さま、ありがとうございました。

この他にも演奏会へ出かけたり、

テニス部発足したり、

楽しい一年でした。

スキー・スノボ部も年明けから活動開始するみたいですよ。

 

そして、鳥取市民合唱団はより良い演奏を一緒に目指してくださる仲間を引き続き募集しています。週に一回、仕事帰りに、家事が終わってから、歌いに来ませんか?見学(もちろん無料)はいつでも募集しています。あなたからのご連絡をお待ちしております。

 

来年はいよいよ定期演奏会です。運営委員会で練習日程見たら残りの練習の少なさにくらくらしましたが、一人一人が合唱団の構成員であるという自覚と責任感を持って練習に参加したらきっと大丈夫でしょう。

より良い演奏ができるよう頑張っていきたいと思いますので来年も鳥取市民合唱団をよろしくお願いいたします。

それではブログをご覧の皆さま、良いお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA