練習日誌 29.6.15(木)、6.17(土)市民文化祭オープニングセレモニー出演・集中練習とお誕生日会!

6/15(木)は鈴木先生のご指導により、どちりなきりしたん全曲、後半は成瀬さんのご指導により鳥取市民歌、HANA前半を練習しました。前半の鈴木先生の練習ではどちりなきりしたん全曲を通しました。全曲通した後、鈴木先生は週末は出張ということで帰られました。

後半は6/17(土)の鳥取市民文化祭オープニングセレモニーに向けて、鳥取市民歌とHANA前半。当日出られるメンバーだけで練習。出られないメンバーは帰宅したり、見守ってくれてたり。

テナーのサボテンの花、アルトのさくらのリズム要注意。

無機質に言葉を言わない。恥ずかしがらずに演じる。うーん、これはもちろん自分にも言えることだけど、抑揚のない感情のない歌になってしまいがちなので、歌詞の意味をよく理解し、強弱記号に注意して歌うようにしたいです。
練習後には、テナーの二人に成瀬さん、テナーパートリーダーがそれぞれマンツーマンで指導していました。

指揮者、各パートリーダーさん指導陣は、必死でいつもご指導して下さっています。なかなか応えられないことが多くてもどかしいですが、いつもご指導に感謝しています。

そして、6/17(土)は、13時半に集合して15時から鳥取市民文化祭オープニングセレモニー ミニコンサートに出演(至鳥取市文化センターロビー)、18時半から21時半まで鳥取市民会館大ホールにて集中練習という長い1日でした。


市民文化祭オープニングセレモニーの会場はこんな感じ。


リハーサルの様子。いつもよりだいぶ人数少ないですねー( ̄◇ ̄;)

指揮は成瀬さん。ピアノは大広先生。衣装はいつものピンクポロシャツ。

本番前。廊下で待機。団長が挨拶文をM宅氏にチェックしてもらってます。

本番では、まず鳥取市民歌1番を歌って会場の皆さんに歌唱指導、そのあと会場の皆さんと一緒に市民歌1、2番を歌いました。

そのあと混声合唱のためのヒットメドレー『HANA』より《花》(滝廉太郎)《サボテンの花》(財津和夫)《さくら》(森山直太朗)《ハナミズキ》(一青窈)を歌いました。

テナーパートリーダーが欠席のため、《さくら》のテナーソロは指揮者成瀬がくるっと振り返って歌うという珍しいパターン。

会場の皆さんに歌唱指導とかこういうのは鈴木先生が得意なんですけどね…などと前に本人もボヤいてました。大役お疲れ様でした。

終了後は鳥取市民会館大ホールに移動して集中練習。


成瀬さんのご指導で、かなうた全曲、どちりなきりしたんⅢ・Ⅴ、《花は咲く》を練習しました。

実は木曜の練習では、あまりうまく行かず悲観的になってたのですが、今日の練習は木曜よりも良かった気がします。ホールマジックですかね。

練習後はこの日お誕生日の指揮者成瀬さんのお祝いしたり。

ローソクをフーってして、おめでとー!!「散々な1日だった」なんて言ってたけど大活躍でした。お疲れ様でした。
泣いても笑ってもあと3週間で定期演奏会はやってきます。できることをできる限りやってみたいと思います。

次回の練習は6/22(木)鳥取市民会館大ホールにて定例練習、6/24(土)とりぎん文化会館より集中練習。集中練習では大志万明子先生のスペシャルレッスンが受けられます!皆さま万障繰り合わせの上ご参加下さい!25日(日)はとりぎん文化会館梨花ホールでおかあさんコーラスの鳥取県大会が開催されます。市民合唱団は出演はしませんが全力でサポートしますよー!

ではでは〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA