練習日誌 30.3.22(木) 「更なる前進を!!」

3/22(木)は「棗のうた」(女声)と「夢みたものは…」(男声)を練習しました。

男声は去年から男祭り(と言う名の男声パート練習)で練習していましたが、女声は今回が初めてでした。9時20分までそれぞれ別れて練習。

女声は大広先生!きびきびテンポのいい練習です!楽しい♪( ´▽`)

男声には歌えない曲、女性らしく女声合唱にふさわしい曲というのが選曲の理由だそうです。

初めての女声合唱曲。女声合唱のアルトと混声合唱のアルトじゃ全然音域違う💦地を這うような低音が出てきます。低音を明るく歌うのって難しいです。

9時20分から合流してお互い聴き合いっこ!

まずは女声から。

そして男声。お写真は自主規制します。

勝負は五分五分?目くそ鼻く(以下略)

女声は初めての割には頑張ったと思います。ベースの重鎮によると「一部アルトの低音部に地声が気になりました」だそうです。うん、きっと私…。

ところで、アルト副パートリーダーから団にこんなものが寄贈されました。

「わが心の青春 鳥取市民合唱団 更なる前進を!!」

かつての指導者の鈴木恵一先生が作られたものです。

中にはこんなお宝写真も!

作曲家の佐藤眞先生。昭和54年夏の合宿の写真だそうです。イケメンでモテモテだったとか。恐ろしいことに集合写真には私が確認できただけでも5人の現団員がいます。

佐藤眞先生の指揮で旅!土の歌!蔵王!

高田三郎先生の指揮で水のいのち!

小林秀雄先生の指揮で落葉松!委嘱作品!

という輝かしい時代もありました。今となっては考えられませんが…。きっと鳥取市民合唱団が一番勢いがあった時代の写真です。いい時もそうでない時もあったと思いますが、56年間ずっと続いてきたということは誇ってもいいんじゃないかなと思います。当時よりも今はちょっぴり?平均年齢が上がり、私も若いつもりが一緒に平均年齢を上げつつあり…。これからも「更なる前進」をするために、次世代につなげるために、「ここで私が踏ん張らねば…!」なんてこっそり思ってもいます。もっと若い人に合唱をして欲しいし、お休みしてる団員には戻ってきて欲しい。そのためにはもっともっといい歌を歌う!しかないんだろうなと思います。

と言うわけで、鳥取市民合唱団は随時団員募集中です!春ですし新しい一歩を踏み出してみませんか?団員一同ご連絡をお待ちしております。

次回は4/29(木)、「めばえ」「365日の紙飛行機」を練習します。

ではではまた次回も楽しく歌いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。