練習日誌 29.5.4(木・祝)みどりの日

5/4(木・祝)は鈴木先生のご指導により、どちりなきりしたんⅢ・Ⅱ・Ⅴと後半は成瀬さんのご指導により《瑠璃色の地球》を練習しました。みどりの日のこの日、案の定集まりが悪いです。皆さん旅行ですかねいいですねー。
成瀬さんとテナーパートリーダーと私、という若者グループ(私も若者に入れてください💦)で練習室の準備をして早出練習したりいつもと違います。

いつもいる人がいなかったり、成瀬さんのご友人の萩の合唱人が見学に来られてたり、日曜に『VOCAL CONCERT』で頑張った彼女が久々に来られてたりといつもと少し違う雰囲気でした。

どちりなきりしたんはいつもの通り、各曲の最後から。


どちりなきりしたんⅢは前回うまくいかなかった練習番号16番の男声「どちりなきりしたん」のところをチェック。

その後の「こころなり」はpp。しっかり抑える。

練習番号12番は、弱く小さいけど深い発声で。

練習番号4番ベース下「あきらむるーなれば」の「ば」のベース上と一緒になる音が低めなのでもっと明るく高めに。

どちりなきりしたんⅡは苦手の練習番号6番「まるにやのじが〜」を復習。鼻濁音を響かせる。

通しの後に先生に「よくなったじゃないですかー」をいただきましたが、心の中で「本当か⁈」と突っ込んだり…定演が近くなってきてネガティヴになっております。

どちりなきりしたんⅤを通して、成瀬さんにチェンジ。


これまで何度も歌ってきた《瑠璃色の地球》。

1番の女声旋律が良かったみたいで褒められました。文句が無いと。

男声練習番号Eの「そっと」をもっとそっと。「と」のところはppと書いておきましょう。

最後の「ちきゅう」のところは以前やった程にはゆっくりしません。

終わりの会では鳥取市民音楽祭のチケットのことなど。

いよいよ、定期演奏会まで2ヶ月ちょいです。練習はあと何回できるのでしょう…むしろ練習を重ねるたびに不安になるような…

練習前に所用で前回定演の第1ステージで指揮をしていただいた時本先生のお宅に寄った際に、つい不安がぽろりしてしまいました。「前回の私のステージの時も同じようなこと言ってたから大丈夫」とあたたかいエールをいただきました。考えてみれば、前回も不安な気持ちは同じだったのかもしれません。前回は委嘱作品『酒神礼讃』に直前まで不安があったのですが、本番のステージ上でようやく完成した!という充足感が個人的にありました。今回はどうなることやらですが、個人でできることはしっかりやって、残りの少ない練習を充実したものにしたいと思います。

来週は、5/11(木)定例練習、5/13(土)パレットとっとり市民交流ホールにてPM6時半より集中練習です。

ではではまた来週!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA