練習日誌 29.3.16(木) 定演チラシ完成しました&O石くん卒業

定期演奏会チラシ出来上がりました。


HANAとどちりなきりしたんをイメージして作ってもらったそうです。

鳥取市民合唱団は、7月9日に鳥取市民会館大ホールにて第35回定期演奏会を行います!

皆様ぜひお越しください!

さて、定期演奏会まで4ヶ月を切り、目下猛練習中です!

3/16(木)は成瀬さんの指導により、トレーニングと《花は咲く》と《麦の唄》を練習しました。アルトパーリーが伴奏してくれました。鈴木先生はお休み。

《花は咲く》はちょっと長いので、暫定ですが今日のところは練習番号9、10番をカットです。ちょっとあっさり終わりすぎかな?と思ったので再考の余地ありかと個人的には思います。

練習番号1の「まっしろな」の「な」の音を明るく歌う。

テナー56小節の「あの人を思い出す」は同じ音が続きますが、主旋律を歌っているつもりで平坦にならないように歌う。
《麦の唄》の練習番号Dのヴォカリーズを歌うパートはもっと混じる声で歌う。

31小節アウフタクト「あしたへそだってゆく」が「あ、したへそだってゆく」に聞こえるそうなので「あ」から「し」にしっかり繋げる。

ソプラノ33小節は揺れない。頑張らなくていい。

36小節フェルマータの和音がなかなかきまらない。練習してきましょう。

練習番号Hのテナー上、必死すぎるみたいなのでもっと余裕を持って。

終わりの会では総会がありました。会計報告は滞りなく承認されました。会計さんお疲れ様でしたm(_ _)m

そして、唯一の大学生団員のO石くんが今回で卒業です(泣)

もともと、大学の授業の一環でやってきて居心地が良かったのかそのまま居着いてしまったO石くん。合唱は未経験の彼でしたが、今や立派な合唱人になってくれました。コンクールやおかあさんコーラスのお手伝いも鳥取県合唱連盟の貴重な男手として尽力してくれました。

昨年の中国合唱コンクールに岡山まで出かけた際、会場で彼の姿を見つけた時は、本当に合唱を好きになってくれたんだなぁとうれしく思いました。以前、就職は鳥取で、と言っていたので期待していましたがなかなかそうは行きませんね。

男祭りの送別会で「コンクールで会いましょう」とブロックが違う我々は重い重い約束をされてしまいました。我々は果たして約束を守れるのだろうか…と思うのと同時に、O石くんの今後の(合唱)人生は可能性に満ち溢れているんだなぁと寂しい反面嬉しく思ったりしました。定期演奏会ではステマネをしてくれる!そうなので、また7月に会えるのが楽しみです。

今後のご活躍を期待しています!がんばれ若者!


深々と頭を下げるO石くん。最後まで礼儀正しいO石くんなのでした。

来週は23日(木)定例練習、24日(金)男祭り、25日(土)集中練習というハードなスケジュールですが、花粉症に負けずに頑張りましょう!

あぁ、3月が終わってしまう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA