第35回鳥取市民合唱団定期演奏会 29.7.9 鳥取市民会館大ホール

第35回鳥取市民合唱団定期演奏会、無事終演しました。

足元が悪い中ご来場下さいました皆さま、本当にありがとうございました。

また、お手伝いいただいたスタッフの皆さま、会館の皆さま、鳥取女声合唱団、コールおもかげ、鳥取大学の皆さま、自らお手伝いを買って出て下さった前回の定期演奏会で指揮をしていただいた時本京子先生をはじめとするOBの皆さま、そして何よりいつも快く練習に送り出してくれる団員の家族に、この場をお借りしてお礼を言いたいと思います。皆さまとの『つながり』により、定期演奏会を無事行うことができました。

開演まで不安は消えませんでしたが、直前練習で「絶対うまくいくから大丈夫。」と鈴木先生が珍しく強い口調で言われました。すべてがうまくいったというわけではありませんが、第3ステージでは現時点の私たちができる最良の演奏ができたのでは無いかと個人的には思っています。

打ち上げにて。以前客演指揮をしていただいた大野一道先生と奥様、鈴木・成瀬両指揮者、大広・伊賀奈両ピアニスト。大阪フォトさんに便乗して撮影。

指揮者、ピアニスト、ステージ構成の佐分利さんへ団員より花束贈呈。

指揮者をはじめ、ピアニスト、各パートリーダーら指導陣には本当に辛抱強く指導していただきました。


中野団長より一言。マイクスタンドと同じぐらい。団長に就任して2度目の定期演奏会でした。今回も休む間もなく駆け回っていました。本当にお疲れさまでした。


最後の一本締めは、今回の定期演奏会を最後に団を去るM宅さん。親子二代で鳥取市民合唱団に在籍。4月以降、米子から毎週のように週末の練習に通ってくれました。

遠くから駆けつけて一緒に出演してくれた銭Gさん、スタッフとして活躍してくれたOBのO石くん。今回の定期演奏会のテーマである『つながり』を改めて感じることができました。

二次会にて。これからの鳥取市民合唱団を担うやや若めな団員たち。

そういえばぴょんぴょんネットで放送があるんだっけ…。見たいような見たくないような…。

感慨に浸る間も無く、今週の木曜には通常の練習を行います。今度は来月8月20日(日)に開催される、第56回鳥取県合唱フェスティバル・全日本合唱コンクール鳥取県大会 フリーの部の出場に向けて、どちりなきりしたんⅣを練習します。どちりなきりしたんとのお別れはもう少し先になります。

これからも頑張って行きますよー!!

前日練習でこっそり撮った《世界に一つだけの花》のバックの映像より。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA